パニック障害エスカレーター式レッスン3つのポイント!

スポンサードリンク

 

さしあたって、パニック障害改善のコツを知っていただくのであるなら、
本来パニック障害というものが何であるのかを知らなければなりません。

パニック障害エスカレーター式レッスン

「今さら、そういう話は聞か無いとしても分かっているよ。」

と思われるかもしれないけれど、

以前にも、パニック障害のメカニズムを知ないばっかりに、

不安や恐ろしく怯えて止まることなくいた方が、
このメカニズムを理解しただけでその不安や恐怖がなくなった方もいらっしゃるようです。
実に自分が「何(はっきりしないもの)に怯えていたのか」を理解していなかっただけで、
それが目に見えた時、恐怖と感じなく変わっていくからなのです。

大事なところですから近頃では貴方がパニック障害について
いろいろと知恵を持たれていても再検討の気持ちでお話しをお聞き頂きたいです。

パニック障害とはどのような前触れもなく強力な不安感に発展する病気ということです。

パニック障害解消法パニック障害の一番の症状としては次なる3つを挙げることが出来ます。

1,パニック発作  

2,予測不安 

3,ホール恐怖

一つめのパニック発作は、
実のところ危険が近づいている訳では無いのに、

相当重大な危険が近付いているかのように心と身体にしろ自然と反応してしまう障害です。

パニック障害改善エスカレーター式トレーニング法
心臓が興奮する 体全体や手足が揺れる 汗が出る 胸の閉塞感や痛み 窒息するみたいな感じ
息が速まり、苦しい 非現実・疎隔感 口にしても渇く 吐き気やおなかの違和感 発狂や制御不能への危険 足がグラグラする

死へのおびえ 目まい感・ふらつき・頭が軽減される感じ・途方もない感じ 悪寒・ほてり
考えがまとまらず、頭の中が真っ白になって、人と話が出来ない感じ 目がぼやける 筋肉の緊張 麻痺・うずき感 くらいの症状が数多くあります。

次いで二つめの予想不安です。

これって1回目のパニック発作を脳が強く覚えてしまったことがきっかけで、
「また同じような発作が生じてしまうのでは無いであろうか」というその先出現してくるパニック発作を予見してしまって、
更なる不安にしばられてしまうことです。

いつもの恐ろしい発作が、
いつ頃また起こるんだろうか。その後発作が起きたケースでは、
これまでよりもっと過激に、次回こそ、心から命を落としてしまうのでは無いか、
気が異常になってしまうのでは無いか。

自分自身で自分がコントロールできなくなってしまうことになって、理解できないうちに事故を起こして、
他人を傷付けたり何かとんでもないことをしてしまうのでは無いか。 そして自身にてその原因が認識していないがために、
恐ろしさであったとしてもともなってしまい、更に恐怖が高くなるといえるのです。

自分でトレーニングを積んで、パニック障害を

和らげたいあなたは、こちらから!

 >>>自分でできるパニック障害エスカレーター式トレーニング<<<

 

スポンサードリンク