ギャンブル依存症で150万円の借金があった私が、 最後に辿り付いた多額の借金を減額できた方法とは?

ブログ管理人:まさし(37歳)
職業:営業マン
趣味:ギャンブル(でした。)
*最後まで読み進んでもらえたあなたには、
私のような未来になりますように。

「ギャンブルにどはまりしてしまった日々」

あれは半年前のこと。

私がギャンブル(パチンコ、競馬、たまに、競輪)を始めたのは、
会社へ就職して2年目ぐらいなので、かれこれ13年ぐらいになります。
仕事がら外周りが多いので、取引先との時間調整で、
ギャンブル好きの先輩に連れていかれたのがきっかけです。

週に1~3回程度寄るか寄らないかぐらいで、(仕事終了後)
使う金額としては2,000円~3,000円、多くても8,000円で、
このころはほとんど今日の運試し、その日の気分転換程度でよるかんじでした。

それでも負けてばかりではないので、それなりにいい思いをして、
プラスの月もありましたよ。

店側から戦略的に勝たされているだけなのに、気持ちが高揚してしまう私。
しかもトータルしたら確実に負けているのにも関わらず…

この気持ち、もしかしたらあなたも分かるかもしれません。(笑)

「気付いた時には、泥沼の借金地獄に」

最初は週に3回程度だったパチンコも
気付いたときには毎日通ってしまっていました。
もちろん通う頻度に比例して使う額も、
2倍、3倍、、、とどんどん増えていきました。

人は、見栄を張る生き物ですよね…

次第に…
常連さんや店員さんとも仲が良くなっていき、
情報交換したり食事に行ったりと”悪い仲間”が増えていきました。

本当に悪循環です。

しかも週末の休みには、競馬や競輪にも手を出すようになり、
完璧な依存症になっていました。

もうこの時点で既に、クレジットカードキャッシングに手を出し、
先のことは何も考えないまま、35歳になろうとしていたのです。
当時キャッシングは、借金だと意識していても、
ボーナスで返すから大丈夫ぐらいの感覚でした。

その後はキャッシングする額も増え、
気付いたときには150万円。

毎月の支払額も徐々に増え、
支払期間は、さらに増えていきます。
そう、利息ばかりの返済で元金が全く減りません。

当時、彼女とは、次第に会うことが少なくなり、別れ話を言われることもありました。
あせりながらも、デート代を作ろうとギャンブルは続けていました。
別れずにいてくれた彼女には、感謝しかありません。

「昔ギャンブル中毒だった仲間から言われた一言」

36歳になったある日。

朝、会社に着こうとしたところで、
いきなり後ろから声をかけられました。
振り向いたとき、一瞬誰だか分からなかったのですが、
数秒後、パチンコ店でいつも話していた方だとわかりました。

あぁ~ご無沙汰ですから始まり、最近会いませんねと言ったとき、
その人が言った一言で、私も気づくことになります。

今でもたまに思い出すと、
この時に言われて本当に良かったと思います。

私がパチンコの話題に入ろうとすると、
それを察したのか急にマジメな顔になり、
私の目をじっくりと見ながら

まだ、パチンコ続けてるの?と一言。

そして続けて…
私はすっかりギャンブルから手を引いたよ。

毎日19時ごろには家で、子供と女房と3人で話をしながら
晩飯食べるのが楽しくてしょうがないね。
恥ずかしい話だけど、実は借金してパチンコしてたんだ。
少ない額で済んだけど、家族には相当な迷惑を掛けてしまった。
あんたも、借金する前に普通の生活に戻した方がいいよ。

でもそれ言っても、自分でわからないと辞めることはできないのが、
ギャンブルだけどね。

と言われ…
すでに借金がある私は、後頭部を鉄パイプか何かで、
叩かれた様な感覚で倒れこみそうでした。

 

その出来事が私の1つのきっかけになり借金返済をして、
彼女と(逃げられないうちに)結婚しようと思ったのです。

借金返済を意識し始めてから、寝つきが悪くなっていました。

そして、その週の休みの日、
借金の事を誰かに相談しようと思ったのですが、
後ろめたい気持ちや情けない気持ちがあってか、
親や彼女、親友にも相談する勇気がありませんでした。

この続きが気になる

私が最終的に気持ちを落ち着かせた所はここでした。

「誰かに聞いてもらいたい」

どうしようか悩んでいた時に、
私をこのギャンブルの道に連れ込んだ先輩の顔が思い浮かんだのです。
先輩のせいで!と冗談で文句でも言ってやろうと、
電話を掛けてみることに。(笑)

電話すると先輩が、突然の事だったので驚いた声で
結婚でもするのかと言われました。

(私)いや結婚は考えてますが結婚のことではないんです
実は、借金を作ってしまいこれからは、ギャンブルはやめて、
借金返済しようと思いまして…

(先輩)、そうだったのか。いくら借金したんだ?

(私)、総額で150万円です。
完済して、結婚したいので、

と言うと、
先輩もパチンコを教えてしまった罪悪感があったのか

実は、自分も借金返済していたことを話してくれました。
先輩も、180万円もの借金を作ってしまい困っていた時に
親友からあるものを紹介してもらったそうです。

(先輩)俺が借金を返済する時にかなり役立ったんだ。
   
先輩が親友から紹介してもらったものとは? 

(先輩)もしかしたら、お前も今ある借金を減額できるかもしれないから
    あとでURL送っておくから、
    スマホかパソコンで無料診断だけでもやってみてくれ。

私は、改めて思いの外親身に対応してくれた先輩に感謝しました。
   
ということで早速先輩から送られてきた
URLをクリックしてみることに。

するとそこは街角法律相談所という、

ホームページでした。

24時間対応の日祝休みなしで、実名や住所が必要なく、
5つの質問に答えるだけの無料診断をしてみました。

その後、

法律事務所からメールがあり状況のやり取りをして緊張して事務所の方へ行きました。
最初に事務所の方が私に最適な債務整理の方法を説明してくれて、
その方法はどういった方法なのか質問をして納得がいくと、
弁護士の先生から必要書類の説明をうけて、後日まとめて提出しました。
(必要なものを行く前に用意しておくことで、その日で済む場合もあるようです。)

過払い金が発生しているケースでは、プラスになるケースもあるようなので、
時間の余裕ある時を選び相談しに出向いたほうがいいようです。

私のリアルな借金総額は、150万円まで膨らみました。
毎月の返済額が64000円、
相談後は、毎月の返済額が31000円となり、
30000円以上の余裕がでました。

私が借金を30000円も減らせた方法とは?

相談をしてみたことで、良かったことは、
時間に余裕ができて、耳鳴りが治り(納得する人も多いと思います。)
禁煙に成功し夜中の外食が減り、

そして何よりも楽しく毎日を過ごせるようになりました。

 

追伸
借金問題を診断で打ち明け、
弁護士の先生に話せたことで
気持ちが晴れてスッキリしました。

結婚するため彼女の両親へ挨拶も済ませて、
毎日、楽しく喧嘩(けんか)しています。
(喧嘩はよけいなのですが)
借金は、気づかれていたみたいで、
バレていました。

私の解決した方法は、任意整理です。
今後の金利がなくなり、
返済額を減らせた方法です。
でもしばらくは、ブラックリストとなり、
ローンが組めませんが、その分少しでも貯金をしていこうと思います。

あなたも、自分の借金に合った条件を出してもらい、
明るい未来予想をたてませんか︖

あなたも今すぐお試し感覚で相談してみてはどうでしょうか