作成者別アーカイブ: web-serch

債務整理とは!

債務整理にはいくつかの種類が!

債務整理は、「任意整理」「民事再生」「自己破産」など、いくつかの種類があります。
正しい知識を持った方に相談をして解決策を提案してもらうことが
解決の近道になります。

 

「任意整理」

言葉のとおりで「任意で借金を整理すること」裁判所などの公的機関を使わずに、債務者と債権者の間で利息や毎月の支払いを減らしてもらえるように交渉し、借金額を圧縮する。
計算して支払いすぎていた金額を元金返済にあて、残りの残金を無理のない返済計画で分割して支払っていくというものです。
手続きが比較的簡単に済み、人に知られる恐れもありません。
また、信用情報機関にブラックリストとして掲載されていまうので、7年ほどクレジットカードを含む借り入れができなくなる場合もあります。

「民事再生」

自己破産はしたくない人、また住宅ローンの返済に困って住宅を手放さずに生活を再建できる債務整理の方法です。
継続して収入のある人が対象となり、住宅ローンを除いた借金総額が5000万円以下の場合、手続きが簡単な小規模民事再生となります。
返済額は異なります個別の計算は弁護士にご相談してください。
住宅ローンを除いた借金が大幅に減額できるのが民事再生の利点です。

「自己破産」

任意整理、民事再生を行っても返すことができないほどの多額の借金を抱えている場合、地方裁判所に破産を申し立てて借金を全て帳消しにすることができる債務整理の方法です。
自己破産は多重債務に陥った人々を救うため国がつくった救済法です。
自己破産後に取得した財産は全く自由です。
財産を手放さなくてはいけない。家、自動車など、どうしても手放したくない場合は民事再生を利用するしかありません。
官報、本籍地の市町村役場の破産者名簿に一定期間記載されます。これに関しては、一般の人がまず目にすることはないので、どちらにしても実際に問題があることはありません。
信用情報機関のブラックリストに掲載され、約7年間はクレジットカードを含む借り入れができなくなります。これは任意整理、民事再生と共通です。

「過払い金」

過払い金は、金融業者に返しすぎたお金のことです。
サラ金などは法律で決まっている以上の金利を超えた利息で貸していることがあります。
そのとき支払った利息と、利息制限法で定められた利息との差額は、払う必要がなかったお金です。でも、払ってしまっています。それが「過払い金」です、その場合はもちろん取り戻すことができるのです。
過払い金請求は、経験豊富な弁護士に依頼してください。

 

※詳しくは、街角法律相談所でも無料の相談ができます。

納得のいく相談をしてみる。